Pranafull Life

ヨガの講師である私が女性が健康で美しく生きていくための日々の色々をお伝えしていきます!

怠け者ぐらいがちょうどよか‼️

 

惰性で頑張ってることありますよね

 

女性に生まれたら

女だから当たり前って思われている事結構あります

 

主婦にとって毎日の家事はその最たるもの

 

お母さんの役割

女の人の仕事という

昔から続く一般常識的な考え(今はだいぶそんな考え方も薄くなってきているようですが)

 

 

私たち世代は、まだまだその概念の中で生きていることが多いのです

 

 

だからこそ、人に押し付けしてるようで

罪悪感をいだき

頼むことがナカナカできない

 

そんな人も多いのではないですか?

 

例えば・・・

掃除しといてね〜

と言うお願い。

 

だってね、

お願いしたら悪いな〜とか

機嫌を損ねさせるんじゃないか・・・とか

私がしなきゃいけないんだけど・・・とか

私が怠けてるだけじゃないか・・・とか

 

 

自分の中から声がしてくるから、そこから逃げるために

自分でやった方が早い!

自分でやれば悪く思われない!

きちんとやってる方がいい!

 

と正当化してやっちゃってる。

 

ちょっと疲れてるけど、一息頑張ればやれてしまうしね~

 

 

本当はいっぱいいっぱいで疲れるから、

手伝ってよ〜って悲鳴をあげてるんだよ。

なんで自分だけがしなきゃいけないの?

 

しなきゃいけない決まりなんてないんだよ。

本当は^_^

こうしないといけない!は大概自分で作っている決まりごとなんです。

 

 

 

自分にも隙間や楽や怠けを与えてもいい!

大丈夫だからお願いしてみて!

きついから、手伝ってって^_^

弱音を吐く事も大賛成よ‼️

 

結果自分が笑ってれば

周りも和み笑顔になる

幸せな氣持ちになる

 

 

 

一番氣にしているのは自分自身だから

 

言ってみてもいいんだよ

大丈夫なんだよ

 

 

 

 

 

 

ナカナカ言えないときは辛いけど

 

 

言ってしまえるようになったら

何てことなくなるよ

 

 

 

 

誰かのご機嫌を良くするために、我慢をする事もない。

 

例えば

これしたくないんだけど!!

と言ってみる。

(頑張り屋さんにとっては、恐怖さえ覚えるこの言葉 笑)

 

これお願〜い^_^

と言ってみる。

 

他人から見ると

たったそんな事??

と思えることかもしれないけれど、

キチンとさんにとっては

結構至難の業

今迄の癖を直すのは簡単にはいかないもの。

よーく わかります!

 

 勇氣を振り絞って

今まで、言ってなかったこと

言ってみよう!

 

本当は頼まなくてもやれてしまうんだけどな〜って小さい事も頼んでみよう

 

 

人に頼むことは、その人を信じているということ

 

 

 

 

やらなくても、言わなくても、さほど変わらないんじゃないかと思うことほど、

その後の変化が大きい事に氣づいていくはずです!!

小さな小さな積み重ねが大惨事を生みます。

小さな小さな勇氣の積み重ねが心身の開放へと向かいます。

 

 

 

ぐうたらな私ここにあり!!

的な事を、やらかしてしまいましょう!

 

これ、言ってみてもいいの?

ってことを言ってみよう!

 

そしたら段々自分も慣れてくるのです

快適に軽くなってくるのです

 

これは、家でも、学校でも、会社でも、友達関係でも同じ

 

子供でも、大人になっても

ね〜っ^_^

お願い上手で怠け方上手になっていきましょうね~