Pranafull Life

ヨガの講師である私が女性が健康で美しく生きていくための日々の色々をお伝えしていきます!

満月の影響

 

 

真ん丸お月さまの満月。

満月の時の月は太陽から離れた位置にあります。

 

太陽→水星→地球→月→火星・・・・(水星も移動しているので、水星自体は重なって存在していないときもあります。軌道の位置的にいうとです。)

 

新月の時は、地球と月の順番が入れ替わります。

 

太陽を中心とすると、月は蛇行しながら地球の内と外へ動いているイメージです。

 

それによって私達の目には、満ちては欠ける姿を変える月が写っています。

星の動きと位置関係を意識してみると、感覚が変化していきます。

とてつもなく大いなる宇宙の中の、小さな星地球。

その地球に人間みんなが丸ごと乗って動いているのです。

こうして書いている、この時でも毎秒30KMずつ移動していると思うとワクワクしてきます。

 

さて、満月の時。

私は体が怠くなることが多くあります。

 

それは、太陽と月に挟まった地球が両極に引っ張られることにより、ある種の緊張状態が起こるためでしょう。

太陽と地球と月とが一直線上に並ぶ満月の時。

地球は、太陽と月の間で両極から引力の力を受けるのです。

 

私の体は、見えないけれど、その強いエネルギーの影響を受けて怠く感じているのだと思います。

 

両極の力を持つので、沈むだけではなく、元氣になったり、High(ハイ)になったりする影響もあります。

だから、不安定な時期でもあるのです。

エネルギーの勢いを借りて、行動的になるのもありですが、少し冷静に一呼吸置くことも大事な時かも知れません。

 

満月付近に事故や犯罪が起こることも、羽目を外してしまいがちになることも多くあるからです。

あとで後悔しても、間に合わないこともあります。

 

High(ハイ)があれば、必ず同じエネルギー量のRow(ロウ)があります。

エネルギーは振り子です。

振り子が大きく右に振れれば、逆の左にもほぼ同じ分振れるのです。

振れ幅が小さいほど心身への負担は小さくて済みます。

 

満月の時は、膨らむ・溜め込む力は最大です。

浮腫み・体重増加は現れやすく体が重くなります。

 

マッサージや半身浴、緩やかな運動、ヨガで代謝を促し、新月へ向けてしぼんでいく力の手助けをしましょう。

満月を過ぎると、排出しやすくなります。浄化の準備をしていきましょう!

 

月の動きを意識することは、心身の状態を知り調整することにつながります。

ぜひ月を身近に感じながら生活してみてくださいね。

 

満月あたりのおすすめヨガポーズ

ガッセキのポーズ

足の裏をあわせて、骨盤を開いてすわります。

背筋をのばして、ゆっくりと呼吸を繰り返しましょう!

 

f:id:jikannoshitsu:20180502132719j:plain